プライシング お値段の話

IMG_1293

さて、前回に引き続きターゲットについてです。

いきなりそんなに畳み掛けられても〜ですよね。

 

 

今日はお値段のお話。もちろんターゲットさんに絡んできますよ。

 

私「あなたの作品をどのくらい売りたいですか?」

 

A「いっぱい!」

 

私「そうですけどもし一ヶ月に100個、いや1000個オーダーが来たら対応できますか?」

 

A「そんな無理です。1000個なんて。

   一つ一つのクオリティーにこだわっているので一ヶ月10個くらいですね。」

 

私「それならば、そんなに誰でもが買える値段にしなくてもいいわけです。

ちょっと頑張って買おうという値段。」

 

私「例えば、あなたの作品が絵だとしましょう。そんなに次々とは作れない。

    ポスターと同じ値段なんて無理ですね。」

 

A「はい。それに本物の絵とポスターを貼るとでは気持ちも違うと思うんですが。」

 

私「そうですね。でもいくらでもいいという訳ではない。」

 

A「はい。もちろん」

 

私「その人がポスターではなくて本物の絵にいくら出すかな?

    ということを考えると値段設定がもう少しわかりやすくなるのでは?

  逆に言うと一枚の絵にこの値段を払えるひとはどんな人かな?と考えると

    ターゲットさんももう少しはっきりしてくるのではないでしょうか?」

 

A「たしかに20歳のOLさんのちょっと頑張った値段というのと

   40歳の優雅なマダムのちょっと良いんじゃない?という値段はちがいますね。」

あなたの作品のテイストとお値段のバランスをもう一度考えてみては?

Share it